Newaリフトの目元(目の下)への効果的な使用方法を動画で解説!海外youtuberの使い方との比較も

Newaリフトを見ていると目の下、まぶたには使用をしないで下さいと記載がされています。

目元は実際に年齢が出やすいですし、私自身も30代を過ぎてくると疲れが抜けずクマが目立つようになったり、目の下にシワが出てきたりと年齢による影響が徐々に出てきました

美顔器の口コミを見てみると目の下に使用して効果はあるけど、物凄く目が乾燥するというレビューを書いている人も居ます。

これを見て、使っても良いんじゃないかな?って思う人が私のように居ると思うんですが、使うと間違いなく二度と取り戻す事が出来ない状態になります。

目元(目の下)のシワを改善するには目の下のみならず周りの皮膚のハリを戻さないとシワが消えることはありません。

そこで今回は

  • 目の周りの皮膚がどうなっているのか?
  • どう使用すれば効果が出やすいのか?

をお話していきたいと思います。

Newaリフトの目の下への効果的な使用する為に知っておくべきこと!

目の下のたるみが起きる原因は2つしかありません。

  • 皮膚のたるみ
  • 脂肪のたるみ

皮膚のたるみに関しては対処が可能なのですが、脂肪のたるみに関してはNewaリフトで対処することは出来ません。

もしも脂肪のたるみの場合であればエステ、または手術をするしか対処方法がないので、その点を踏まえて解説をしていきたいと思います。

目の下のたるみの原因が皮膚のたるみの場合

肌が年齢を重ねるにつれてたるんでくるのは、目も、ほうれい線も、身体も全て加齢により肌の弾力を保つ為に必要な、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などの成分の生産が衰えてくるからです。

引用元:https://www.shiseido.co.jp/sw/beautyinfo/DB008149/

なので、たるみを改善する為には肌の深部を刺激することでコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の生成を活性化させて弾力のある肌を取り戻す方法』が有効になる訳です。

ですが、目の下だけはこの方法をとることが、実は出来ません。

それは、顔の皮膚は通常、表皮と真皮をあわせる約2mmほどあるなかで、まぶたを覆う皮膚は0.6mmしかないからです。

他の顔の皮膚と同じように美顔器などで熱を与えてしまうと、元々皮膚が薄い分、汗腺や皮脂腺も殆どないので極度に乾燥しシワが悪化、更にはクマも悪化していく可能性が非常に高くあります。

ほうれい線などの場合は、ほうれい線が気になる部位にアプローチすればよかったですが、目元の場合は直接アプローチするのではなく、周りを引っ張り上げることで目のたるみも引き上げる方法をとるしかありません。


引用元:https://kireinomi.com/menosita-tarumi-undo

目の周りには円を描くように筋肉があり、その上に皮膚があります。

なので目の下のたるみやシワを改善する場合には、周りの皮膚を引き上げて改善するしかありません。

ですが、どれだけ肌のハリを戻したとしても、目の下のたるみが取れない場合があります。

それが2つ目の脂肪によるたるみの場合です。

目の下のたるみの原因が脂肪のたるみの場合

目は皮膚が薄いことが特徴であり直接ケアが出来ないと上記で話しましたが、それ以外にも目は非常に特殊な構造で成り立っています。

それが目だけは骨で支えられておらず、脂肪によって支えられているという点です。

引用元:https://kireisea.com/undereye-cause

加齢により肌のハリが衰えてくると脂肪が徐々に前に押し出されてくる力に勝てなくなり、目の下がぷっくりと膨れ上がりたるんだ状態になります。

引用元:https://kireisea.com/undereye-cause

この脂肪が前に出てきた段階では美顔器を使用しても対処することが出来ないので、エステや手術(約20万)で対処をするしか無くなってしまいます。

では、どのように対処をすれば目の下のたるみに効果的なのか?動画を踏まえながら話していきたいと思います!

Newaリフトの目元(目の下)への効果的な使用方法を動画で解説!

→ 編集をしたらアップしますね!^^

NEWAリフト関連記事

【部位別】NEWAリフトの効果的な使用方法まとめ

2019年5月3日

Newa リフトで脂肪はどれくらい減る?燃焼を体感できた使用頻度や時間と悪化した事例も

2019年4月30日

Newaリフトの体に使用出来るかの検証動画!最も効果のある部位について

2019年4月30日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です